ペット専用の水素水

ペットにこそ水素水を飲ませたい!

 

人間の体は常に悪玉活性酸素が生成されています。悪玉活性酸素が体を老化させ、病気の元になっていることは良く知られているところです。

 

では、ワンちゃんや猫ちゃんはどうなんでしょう?実は、ペットこそたくさん活性酸素があるので、水素水を飲ませることにより元気になります。

 

猫ちゃんの場合、水をあまり飲みませんよね?ですが、水素水なら喜んで飲むとよく聞きます。猫ちゃんは特に腎臓が弱い動物ですから、水素水を飲ませているという愛猫家の方が多いようです。

 

あなたの大切なペットはどうですか?ペットも家族同然に過ごしていることでしょう。いつまでも元気でいてほしいと思うのは飼い主として当たり前のこと。最後まで元気に命を全うしてもらう為にも、日々の健康管理に水素水を役立てて行きましょう。

 

ペットの贅沢水素水 公式サイト

 

ペットも活性酸素が発生する

 

ペットも私たち人間と同じ、酸素を吸って生きています。そこにミトコンドリアの存在が出てきます。

 

ミトコンドリアは酸素を餌にして動物の体内でエネルギーを作り出します。その際に排出される副産物が活性酸素なのです。活性酸素は人間だけのものではなく、酸素でエネルギーを作り出しているあらゆる動物に発生するものなのです。

 

あなたの大切なわんちゃんや猫ちゃんも同じように悪玉活性酸素がたくさん生成されています。

 

酸素を吸ってエネルギーを作り出し、そして活性酸素が生成されています。活性酸素の中でも悪玉活性酸素は抗酸化力が特に強く、手当たり次第に細胞を壊したり傷つけたりする厄介なものです。

 

ペットの贅沢水素水 公式サイト

 

悪玉活性酸素は生活習慣の乱れ、運動不足、偏った食事、ストレスなどで増加します。あなたの大切なペットは大丈夫でしょうか?

 

現代社会において、ストレスがかかるのは人間だけではありません。また運動不足や偏った食事も人間だけの問題ではありません。あなたのわんちゃんや猫ちゃんも人間と同じように活性酸素に苦しめられているのです。

 

悪玉活性酸素が増えると老化に直結します。人間でいうシミやしわも悪玉活性酸素が原因。老化には悪玉活性酸素が密接に関係しているのです。しかも、病気のほとんどの原因が悪玉活性酸素だというデータもあります。

 

悪玉活性酸素を除去するだけで、ペットの老化を遅らせることが出来ますし、ペットが病気にかかりにくい丈夫な体を形成することも出来るのです。

 

水素水は悪玉活性酸素のみに反応する

 

それでは、その悪玉活性酸素を除去する効果的な方法をご紹介します。あなたも良くご存じだと思いますが、悪玉活性酸素を除去する効果的な物質は、

 

水素です!

 

水素水は何が良いのでしょうか?水素水が効果的なのは、水素水の中に「水素」が入っているからです。その水素が、悪玉活性酸素とくっついて水になることにより無害化してくれます。ここで面白いのが、水素は悪玉活性酸素としか繋がらないということです。体に良いと言われている善玉活性酸素には見向きもしないのです。

 

このことで、体をウィルスから守ってくれる善玉活性酸素の量はそのままに、悪玉活性酸素だけを除去してくれる水素水が、もっとも効果の高い活性酸素除去物質と言えるのです。

 

還元作用のあるものとして、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10とかがありますが、これらは善玉活性酸素まで除去してしまいます。悪玉活性酸素だけを除去できるのは水素だけの特長なのです。

 

ペットの贅沢水素水 公式サイト

 

水素水は体に安全な食品添加物

 

ペット

水素水は無味無臭です。もちろん色もありません。通常見た目はただの水。水素が中に溶けているだけですからね。人間は外見からは水素水だと判定することは出来ませんけど、ペットは判断できるのかどうかはわかりません。ただ、猫ちゃんの場合、水素水だとごくごく水を飲むと聞きますので、ペットは水素水だと気づいているのかも知れませんね。

 

また、水素は厚生労働省にて食品添加物として認められている安全な物質です。ペットにとっても安全です。水素は、悪玉活性酸素と結びついて水になり、尿や汗となって体外に排出されます。では、悪玉活性酸素と結ぶつかなかった水素はどうなるのでしょうか?ペットに水素水をたくさん与えても良いのでしょうか?

 

ご安心下さい。余った水素は、ペットの吐き出す呼気と共に体外に排出されていきます。体内に水素が残ったままにはなりません。仮に水素がペットの体内に残ったところで、水素は特に害がある気体ではありませんから問題ないのですけどね。

 

人間だけの体に起こるものではなく、ペットの体でも同じこと。ペットに水素水を飲ませても安全です。そして、ペットの体内にある悪玉活性酸素と水素水の水素が結びついて水になり、ペットの尿や汗となり排出されます。

 

ペットと一緒にあなたにも水素水を!

 

ペットに水素水を飲ませてあげようとしている優しいあなた。ご自分のお体についてもご自愛くださいね。

 

ヒトが飲む水素水として、最高濃度の水素水があります。アルミパウチの水素水を買うよりも断然お得に購入できます。水素水は濃度がすべてです。

 

私がいろいろ水素水を試してきた中で、セブンウォーターが一番濃度が高く、そして一番効果がありました。今も毎日飲んでいますが、どれだけ疲れていても、朝水素水を飲むと元気になります。それで一日頑張れるので、大変助かっています。

 

昔は「翼を授ける」で有名なレッドブルに頼っていましたが、根本的な解決にはなりませんね。その時だけ一時的に元気になるだけで疲れが取れるわけではありません。

 

一方、水素水は疲れにくいです。眠気もあまり来ないし、水素水を飲んでいるだけで、1日の疲労がたまらずに過ごせます。

 

ペットが水素水を飲んで元気になりながら、あなた自身もご自身の健康と美容のために水素水を取り入れてください。

 

ペットに高濃度な水素水を!

 

水素水を選ぶ基準は高濃度であることです。水素水に水素が入っていないというのもありますから。

 

まずは、ペットボトルに入って売られている商品。これは全くの嘘です。ペットボトルでは、水素が容器から抜け出してしまいます。たとえ蓋をしてあったとしてもです。

 

(ちなみに、ペットボトルは、店頭で売られているものが良くないという意味です。セブンウォーターのように、自分でペットボトルを用いて作りだすものは、作る水素水濃度も濃いですし、作ってすぐに飲んでしまうので問題ありません。)

 

それから、アルミ缶の水素水。これもやめましょう。アルミは水素を逃がしにくい物質ではあるのですが、缶がいけません。アルミ缶は、上部にどうしても空気が入ってしまいます。アルミが水素を逃がさなくても、上部の空気に逃げていきます。そして封を切った時に、空気と共に水素はいなくなります。

 

水素水生成器や、セブンウォーターのように自分で水素水を作るもの以外で、市販されている水素水を購入されるのであれば、アルミパウチに入った水素水を選びましょう。そして、以下の水素水は、ペット専用の水素水です。もちろんアルミパウチに入っています。

 

濃度を新日本水素さんに聞いてみたところ、工場充填時の濃度は、

 

1.8ppm 〜 2.5ppm

 

そして、手元に届くころの溶存水素濃度は、

 

0.8ppm 〜 1.4ppm

 

です。このように、高濃度な水素水(1.0ppm以上の水素水は高濃度)ですので、安心してわんちゃん猫ちゃんに飲ませてあげて下さい。

 

そして、この贅沢なペット専用水素水は、ペットが飲みやすいように硬水ではなく軟水が入っていて飲みやすくおいしいという仕様。ちょっと贅沢ですが、愛する我が子の為に、美味しい水素水をあげてください。

 

ペットの贅沢水素水 公式サイト